【動画アーカイブ】Facebookのメンタルへの悪影響に関して

http://wp.me/p7vZ1F-og


最近2週間程度Facebook個人ページの更新を中断していたのですが、なんとメンタルが大きく改善したので、レポートしてみようと思います。

2017年5月から、ポジティブ心理学に関する書籍を実践する中で、メンタルヘルスチェックのワークがあるのですが、Facebookでちょっと前に否定的な反応をいくつか貰ってしまって、一度重度のうつ状態であるという検査結果になってしまってヤバかったのですが、それに対抗してFacebookの更新を2週間ほど辞めてみたところ、なんと重度のうつ状態から、軽いうつ傾向まで一気にメンタルが回復していたのです!


検査テストは一般に公開されていて、実は誰でも簡単にチェックすることができます。

自分の読んでいる「オプティミストはなぜ成功するのか」の中では、日本語版が収録されているので、自分のメンタルが気になる方は、書籍を読んでみることをオススメします。


マーティン・セリグマン の オプティミストはなぜ成功するか

http://amzn.to/2qHJo6e


英語版の検査シート


検査は60点満点で点数が高いほど、死が近づくという恐ろしい側面を持っている検査シートではあるのですが、日常的に誰でもチェックできるので、良い検査シートであると思います。

自分の場合は、初回16ポイントで、Facebookで否定的な反応があっと後に26ポイントまで悪化して、Facebookを中断したところ10ポイントまで改善していくという感じでした。

自分の場合は、おそらく「Facebook疲れ」という状態に陥ってしまったのだと思いますが、ただ単にFacebookを更新しないという事を実践しただけで、16ポイントメンタルが回復したので、しばらくFacebookの使用を控えて、どこまで改善できるかやってみようと思います。


もちろん世の中に蔓延しているうつのすべてがFacebookやその他ソーシャルメディアによるものでないことはわかっていますが、この記事を読んでくれている方も一度自分が普段使っているソーシャルメディアの利用方法に関して、一度見直してみるとおもしろいかもしれません。


2017-05-07 00.49.07

広告